テレフォンセックス

テレフォンセックスの序盤の会話のコツを掴むことでやりやすさが大きく変わってきます

2016-09-21

テレフォンセックスに参加する女性の年齢は拡大しているので、最近ではいろんなタイプの女の人に出会います。
いかにもエッチに興味津々といったギャル系の女性から、初々しい女子大生、ちょっと火遊びしたい人妻など、女性の年齢やタイプによって電話での会話のコツも違います。
どのタイプの女性とつながっても慌てないために、ここで一通りタイプ別の会話のコツを会得しておきましょう。

■エッチも大好きなギャルの場合

ギャル系の女の子は、最初から気を使わなくても、軽いノリですぐに盛り上がれるところが魅力です。
敬語が続くとエッチな話題を出すのも少し照れますが、砕けた会話の中からシモネタも出しやすい雰囲気がありますね。

女性が喜ぶような話術に苦手意識がある男性でも、適度にノリの良い相槌をうっていれば女の子の方からガンガン話してくれるので楽です。
基本的には、背伸びせずこちらが女の子に合わせるペースでいればうまくいくでしょう。

■普通の女子大生の場合

はじめは初対面同士のマナーを守り丁寧に接しながらも、若い世代のノリの良さに徐々に合わせていくのが王道です。
最初相手もぎこちないかもしれませんが、共通の話題や流行ネタなど雑談で距離を狭めつつ、打ち解ければ下ネタを出しても大丈夫になります。距離感を掴むのは少し難しいですが、真面目そうな女子大生がじわじわと大胆な声を聞かせてくれるのも、醍醐味です。

■欲求不満の人妻の場合

人妻たちの場合は、電話でもスリルのある大人の恋愛を欲しているので、いかにアダルトなムードを演出できるかが問題です。
やや難易度が高いですが、大人の恋愛ムードを作れれば後は女性がリードしてくれる事が多いです。
同世代の男性なら話も合わせやすく、若い男性でももちろん歓迎されるので、割と広い年齢層に向いているターゲットですね。